BEAUTY

ブリーチカラーすると髪の毛はやっぱり傷む?メリット・デメリットとケア方法をチェック

ブリーチカラーすると髪の毛はやっぱり傷む?メリット・デメリットとケア方法をチェック

SNSで見る人気の髪色はブリーチをしていることがほとんど。

ブリーチはヘアカラーを綺麗に見せるのが大きな特徴です。
ただネックなのは髪の「傷み」
ダメージが強く正しい知識を持っておかないと、髪がチリチリになる可能性があります。

そこでこのページでは、ブリーチの仕組みやメリット、施術後のケア方法を解説。
ダブルカラーとの違いや、市販と美容院の違いも紹介しています。

ヘアスタイルを十分に楽しむためにも、ヘアブリーチの正しい活かし方を知っておきましょう。

【この記事でわかること】

  • ブリーチは髪の色を抜く施術。染めるのとは違う
  • ダブルカラーはブリーチ後にヘアカラーを行うこと
  • 知っておきたいブリーチのメリット・デメリット
  • ブリーチ後に必須の自宅でのヘアケア方法

ブリーチとは髪の色素を抜くこと

ブリーチとは、専用の薬剤で髪の色素を抜く施術です。

そもそも髪の色素は、「黒系のユウメラニン」と「黄色系のフェオメラニン」という成分から構成されています。

色素の種類と髪色

ヘアカラーのようにカラー剤で髪を染めるのとは違い、ブリーチは髪色を“抜く”のが主な役割。
黒系のユウメラニンが破壊して《黒色⇒茶色⇒金色⇒白色》と髪色が変化させます。

黒髪をブリーチしていくとユウメラニンがまず壊され、赤味からオレンジ味に髪色が変化していきます。さらにブリーチしていくと、フェオメラニンの色が残ってオレンジ味から黄味に変化していきます。DEMI

ちなみに、美容院で施術する場合の頻度や相場価格は下記の通りです。

  • 施術頻度:2〜3ヶ月に1回
  • 値段の相場:髪全体で6,000~8,000円
    ダブルカラー(ブリーチ+カラー):12,000~14,000円

1ヶ月に1cmほど黒い髪が生えてくるので、頻度は2〜3ヶ月に1回が目安。
施術範囲やセットメニューによって変わりますが、1万円前後が平均的な相場といえるでしょう。

「ダブルカラー」はブリーチ後にヘアカラーをすること

ダブルカラー=ブリーチ+カラー美容院のメニューでブリーチとセットになっているダブルカラーは、ブリーチ後にカラー剤で色を付け足す施術を指します。

前述したように髪はメラニン色素で暗くなっているので、髪色が黒いと明るめの色に染まらないんですね。
真っ黒の画用紙に赤色のペンで色を塗っても目立ちませんよね。
同じようにブリーチなしで髪の毛が黒いままだと、カラーリングがイメージ通りの色になりにくいのがネック。

  • ヘアカラーで発色のいい髪色にしたい方
  • ハイトーンカラーに染めたい方
  • ヘアカラーの選択肢を広げたい方

上記のように、発色のいい絶妙なカラーを入れたいなら、1度ブリーチして髪色を抜くのがベターです。

特にオレンジ系の色や赤味のない色透明感のあるカラーにしたい方は、ダブルカラーにすることで満足のいく仕上がりになりますよ。

発色の良さが魅力!髪をブリーチするメリット4つ

ブリーチで日本人特有の欠点をカバー先述の通り、カラー剤の発色を効果的に引き出せるのが髪をブリーチする大きなメリット。

  • ヘアカラーが染まりやすく発色が良くなる
  • ハイトーンカラーが表現できる
  • ヘアカラーのバリエーションが増える
  • 透明感のある髪色に仕上げられる

ブリーチで髪の色素を抜けばカラーが入りやすくなり、ブリーチなしよりも発色をグッと引き立たせてくれます。
微妙な色合いのアッシュカラーから、ビビッドなカラーまで発色しやすくなりますよ。

さらに、日本人特有の濃く暗い色味が抜けることで、透明感のある柔らかなヘアカラーに仕上がりに。
ハイトーンカラーをはじめ人気の青系・ホワイトカラーなど、様々なヘアカラーが楽しめるのもうれしいですね。

またブリーチをメッシュ状に入れて立体感を出したり、部分的に入れてニュアンスを楽しんだりできるのもポイント。
トレンドから個性的なヘアカラーまで思いのままの仕上がりにするには、ブリーチは欠かせない工程といえますね。

ブリーチのデメリットは傷みやすい

ブリーチはヘアケアをきちんとできることが前提逆に、ブリーチは強い薬剤を使うため髪が傷みやすいのがネック。

  • 髪が傷みやすい
  • パーマや縮毛矯正の併用ができない
  • 肌が弱いと頭皮トラブルにつながる
  • ヘアカラーが色落ちしやすい

ブリーチをやりすぎると髪をコーティングしているキューティクルが失われます。
最悪の場合、髪の毛が溶けてちぎれてしまうことも…。

髪の毛へのダメージが大きいので、パーマや縮毛矯正との併用ができません。

ブリーチは、メラニンの色素を抜いてしまうハードなメニュー。パーマより髪のダメージが大きいのが特徴です。ブリーチした髪にパーマをかけたいなら、ブリーチした髪が生え変わるまで待ちましょう。HOT PEPPER Beauty magazine

肌が敏感な方だとピリピリした痛みを感じることも多いです。
肌が弱い方は、美容師さんとよく相談しましょう。

またブリーチによるダブルカラーは発色が良くなる反面、ダメージによる色落ちが早いのも欠点。

ブリーチ後はダメージを軽減させたり、色持ちをよくしたりするためにも、ヘアケアの見直しが必須ですよ。

髪の毛のブリーチ後のセルフケア方法

先述の通り、ブ少なからず髪が傷むブリーチ後はダメージケアの徹底が大切です。
ふだんの洗髪方法や髪の乾かし方を見直して、キレイな髪色をキープしましょう。

  • 【シャンプー】アミノ酸系シャンプーで正しく洗う
  • 【トリートメント】ホホバオイルやアルガンオイルを使う
  • 【ドライヤー】入浴後に素早くドライヤーで乾かす

シャンプー:マイルドな洗浄力のシャンプーで優しく洗う

アミノ酸系シャンプーで洗うまずブリーチでダメージを受けた髪の毛は、アミノ酸系のシャンプーで洗うのがおすすめ。

マイルドな洗浄力で髪の毛の負担になりにくく、必要な油分コントロールしてくれるので保湿性に優れています。
ブリーチのダメージによって失った髪の毛の栄養(タンパク質)を補う、補修効果も期待できます。

アミノ酸系シャンプーを購入する際は、パッケージの成分表示を要チェック。


たくさんの種類がありますが、ココイル〇〇・
ラウロイル〇〇と記載があればアミノ酸系と判断してOKです。
先頭か水の次に表記されているシャンプーを選ぶといいでしょう。

【成分表示】

  • ココイル加水分解コラーゲンK
  • ココイル加水分解コラーゲンNa
  • ココイル加水分解コラーゲンTEA
  • ココイルメチルタウリンNa
  • ココイルメチルタウリンK
  • ココイルメチルアラニンNa
  • ココイルメチルアラニンTEA
  • ココイルグルタミン酸Na
  • ココイルグルタミン酸2Na
  • ラウロイルメチルタウリンNa
  • ラウロイルメチルタウリンK
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ラウロイルメチルアラニンTEA

「アミノ酸系シャンプー」と記載されている場合もあるので、目印にしてみてくださいね。

髪に優しい洗い方で色落ちを防ぐ

ブリーチ後は髪を傷ませないやさしい洗い方を心がけるのも大切です。

ブリーチ後の髪の洗い方
  1. ブラッシング/38度ほどのお湯で予洗いする
    ⇒毛先から髪の絡まりをとく
    ⇒頭皮を揉み込んでマッサージ
  2. シャンプーを泡だてて、全体に馴染ませる
  3. 指の頭をスライドさせながら頭皮を揉み洗いする
  4. しっかりとシャンプーをすすぐ

特にブリーチ後のシャンプーは、ブラッシング予洗いがポイント。

ブラシで汚れを浮かして、湯洗いでしっかり洗い流すだけで約8割の汚れが落ちます。
ゴシゴシと洗う必要がないので、摩擦による髪の毛への負担を防げますよ。
マッサージするイメージで、指の頭を使って揉むように洗いましょう。

ちなみに、ダブルカラーをした当日はシャンプーを控える方がベター。
カラー剤が定着しきっておらず色落ちを早める可能性があるので、翌日からシャンプーをするのをおすすめします。

【色落ちが気になる…綺麗な髪色をキープするメンテナンス方法】

ダブルカラーの色味が落ちてきたら、紫シャンプーカラーシャンプーを使うのもあり。
染料が含まれたシャンプーなので、普段通りに頭を洗うだけでカラーを補えます。

紫シャンプーやカラーシャンプーも、アミノ酸や保湿成分が配合されているかをチェックしましょう。

染料だけでなく、栄養も髪に浸透させることができますよ。

トリートメント:補修・保湿ダブルの徹底ケア

洗い流す+洗い流さないトリートメントで徹底ケアブリーチ後はンバストリートメント・アウトバストリートメントの両方でケアするのが理想です。

  • インバストリートメント(洗い流すトリートメント)
    ⇒髪に水分・栄養分を与える
  • アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)
    ⇒表面をコーティングしダメージから髪を守る

インバストリートメントで失われた水分や栄養分を補い、アウトバストリートメントで髪をコーティングして閉じ込めます。

”栄養を与える+守る”のWトリートメントで徹底的にケアできますよ。

注目するべき成分はホホバオイル、アルガンオイル、シアバター
髪質問わず使いやすく、保湿効果に優れています。

またセラミド ・ヒアルロン酸といった保湿成分がプラスされていれば、一段と髪のダメージ補修に効果的ですよ。

効果を引き出すトリートメントの使い方

正しいトリートメントの使用方法を覚えて、効果を最大限に引き出しましょう。

【洗い流すトリートメント】

ブリーチ後の洗い流すトリートメントの正しいやり方
  1. シャンプー後に髪の毛の水気を切る
  2. 髪の中間から毛先までトリートメントをつける
  3. 毛先をよく揉み込む
  4. 5分ほど放置して洗い流す

【洗い流さないトリートメント】

ブリーチ後の洗い流さないトリートメントの正しいやり方
  1. タオルドライする
  2. 髪のもつれをやさしくほどく
  3. 毛先を中心にトリートメントをつける
  4. ドライヤーで髪の毛を乾かす

トリートメントは、毛先~中間によく馴染ませます
くるくるねじったり、もみ込んだりすると効果的です。

洗い流さないトリートメント放置中はホットタオルでくるむと、熱でトリートメント成分が浸透*しやすくなりますよ。
(*髪の表面部分であるキューテュクルまで)

入浴後は、水滴が落ちてこなくなるまで髪の毛を絞るのがポイント。
タオルで髪を挟み込こんでプレスするように、パンパン叩いてもOKです。

髪をとかすときは手ぐしで優しく髪のもつれをほどくか、毛先からやさしくブラシでときます。
切れ毛を引き起こしかねないので、無理に引っ張らないように注意してください。

髪を整えたら、洗い流さないトリートメントを毛先~中間にかけてなじませます。
ドライヤーの熱ダメージから髪を守ってくれるので、ブリーチ後のケアに最適ですよ。

ドライヤー:入浴後に素早くドライヤーで乾かす

髪の毛をできるだけ早く乾かすのが、ブリーチ後のダメージを悪化させないコツ。

ブリーチ後は、髪の毛が乾きにくくなります
髪の内部の栄養や水分が抜けスカスカの状態になり、スポンジのように水分を吸いやすくなるんですね。

実は、髪は濡れたままだと乾いている状態より傷みやすくなります。

毛髪は濡れていると、乾いているときよりも髪が柔らかく、こすれたり引っ張る、より小さい力で最表面のうろこ状のキューティクルが削れたり剥がれたり、髪が伸びきったりします。kao

熱風で早く乾かしたいところですが、以下の正しい手順で乾かすことが大事です。

ブリーチ後のドライヤーの正しいやり方
  1. ドライヤーを20cmほど離し、髪を持ち上げて地肌から乾かす
  2. 地肌・根元が乾いてきたら、毛先も乾かす
  3. 全体の8割ほどが乾いたら、弱温風で前髪を乾かす
  4. 仕上げに冷風で髪全体を乾かす

ドライヤーは本体を左右に振りながら風を当てましょう。
一点に温風をあてていると、熱が集中して傷みやすくなります。

もちろんドライヤーを使う際も手をガシガシと動かさずに、やさしく乾かしてくださいね。

乾かす順番は、髪の根元が先。
襟足→耳上と乾きにくい箇所から順に乾かすのがダメージを防ぐポイントですよ。
途中で髪が絡まってしまったら、目の粗いブラシでやさしくとかしましょう。

最後に冷風を当てて、キューティクルを閉じたら完了です。
冷風で仕上げることで余熱による乾かしすぎを防ぐだけでなく、ツヤが出る効果も期待できますよ。

髪の毛のブリーチに関するQ&A

Q1.市販のブリーチ剤でセルフでも色はキレイに抜ける?

A.市販のブリーチでも、髪色を抜くことはできます。ただ仕上がりや髪のダメージを考えるとおすすめできません。

詳細はコチラ!

市販のブリーチ剤でも髪色を抜くことは可能です。
ただし、可能な限り美容院で施術してもらうのが理想的です。

セルフだとブリーチ剤を塗るのが難く、色ムラになる可能性があります。
ムラができてしまうと、美容院でのカラーやパーマに影響することも…。
カラーにムラが出たり、一部分だけパーマがかからなかったりします。

ブリーチ剤でどの程度時間を置けば髪色が抜けるかどうかは髪質次第。
プロの美容師さんに髪質や肌質を確認してもらう方が不安がありませんよ。

Q2.ブリーチは1回でも色が抜けて白くなる?

A.初めてのブリーチだと、1回で白っぽい髪色にするのは難しいです。

詳細はコチラ!

ブリーチで白っぽい髪色にしていくなら、最低でも2〜3回のブリーチ施術が必要でしょう。

髪質にもよりますが、1回だとオレンジがかった黄色になるのがほとんど。
特に日本人の髪色は暗くて濃い色なので、ホワイトに近い色にするならブリーチを繰り返す必要があります。

白っぽくするには、ブリーチ1回だとできないので、ブリーチ2〜3回していくので、トリプルカラー以上になります美容室Sherry

白く色素の薄いカラーを希望される方は、美容師さんとブリーチ回数を相談してくださいね。

髪の毛の色を抜くブリーチ。
ヘアカラーの発色が良くなるだけでなく、カラーバリエーションを広げることが可能ですよ。

ただ髪ダメージはかなり受けるので、ヘアケアは今まで以上に頑張りましょう。

【ブリーチ後のヘアケア方法】

  • シャンプーは髪に優しいアミノ酸系にする
    →成分表示「ココイル~・~ラウロイル」をチェック
  • 洗い流すトリートメント+洗い流さないトリートメント
    →ホホバオイル・アルガンオイル・シアバターがおすすめ
  • 髪はすぐ乾かす
    →根元・耳後ろ・襟足の乾きにくい部分から
    →無理やり引っ張るのは禁物

またブリーチはセルフでは難しい部分があるので、美容院で対応してもらうことをおすすめします。

思い通りの髪色をゲットして、憧れのヘアスタイルを存分に楽しみましょう。

【参考献文】

DEMI,
『髪の基礎知識 vol.4「メラニンって何?」』

川口展弘,
『ヘアカラーの見え方見せ方組み立て方―見るだけで学べるテクニックブックヘアカラー編』,
文響社.2018/12/1

日本ヘアカラー協会,
『ヘアカラー入門』
新美容出版.2013/3/1

ABOUT ME
eriko
eriko
1986年生まれ。地元は浅草の江戸っ子。 10年間エステサロンに勤務し、店長としてトータルビューティーの施術やアドバイスを行う。 「ナチュラルな美しさの追求」「正しい美容情報の発信」をモットーに、日々の情報収集は欠かしません。 日常のケアでお悩みの方のお役に立てるよう、こだわりのコンテンツを作成しています!