BEAUTY

フケの原因・対策を徹底解説!シャンプーやヘアケアで今すぐ予防する方法

フケの原因は乾燥と皮脂過多の2パターン!タイプ別に治す方法を徹底解説

「シャンプーをきちんとしているのに、フケが出る…」
と悩んだことはありませんか。

実はフケは誰にでも起こりうるもの。
ストレスや生活習慣、間違ったヘアケアで増えることがあります。

フケは正しい方法で毎日ケアすることが重要です。
そこでフケの原因に合ったシャンプーの選び方、ケア用品を詳しく解説します。

フケを改善したい方は、チェックしてみてください。

【この記事の監修者】
監修者宇井先生
やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院 院長
宇井千穂 先生

2019年 やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院 開院

開院前は銀座のクリニックにて、美容診療を診察。
また皮膚科医として、アトピー性皮膚炎を中心とした皮膚疾患を診療する。
本や雑誌の執筆をはじめ、web雑誌での連載やサプリメント・化粧品の監修など、多方面で活躍中。
一人ひとりのことを考えた真摯な診療が厚く支持されています。

「やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院」公式サイト
Blog

【所属学会・認定医など】

 

【著書】

フケの正体は古い頭皮!髪を洗った直後に出るのはなぜ?

フケはだれにでもあるそもそもフケの正体は、古くなった頭皮の角質

実は頭皮も肌と同じように、ターンオーバーによって一定のサイクルで新しい表皮と入れ替わっています。
このときに垢(あか)として剥がれ落ちる古い角質が「フケ」です。
(※参考:頭皮のターンオーバーがトラブルを解決する!髪と地肌を健やかに保つヘアケアと生活習慣を解説

フケは誰にでも出るものですが、通常は小さく目立たない程度。
健康な状態ならシャンプーで取り除けるため、フケが出ているとわかりません。

ただ代謝が乱れて頭皮の状態が悪くなると、大量に発生する場合があります。
頭皮を守る皮脂が何かの理由で多くなったり、少なくなったりするためです。

「シャンプーをしっかりしていても、フケがでる」という方は、ケア不足であることがほとんど。
まずはフケの原因をしっかり把握しましょう。

【フケが出る理由】ストレスやシャンプーが原因?種類で異なる

フケの原因は、大きく分けて乾燥・皮脂過多の2つがあります。
見た目でどちらのタイプかを判断することが可能です。

※フケタイプをタップすると詳細にスクロールします。

フケタイプ特徴主な原因
乾燥フケ白くカサカサ乾燥
脂性フケ黄色くねっとり皮脂過多

乾燥フケ(小さいフケ):頭皮の乾燥

白いカサカサしたフケは乾燥が原因カサカサした白っぽいフケの原因は乾燥

頭皮を守る皮脂が少なすぎると免疫力が低下し、代謝が乱れてしまいます。
代謝が乱れることによって、ターンオーバーの正常化が図れなくなった場合に起こるのが、乾燥フケの正体です。

もともと乾燥肌の方も、乾燥フケになりやすい傾向があります。

ただ頭皮の乾燥は、主に生活習慣によって引き起こされることがほとんどです。

  • 洗浄力の強いシャンプーの使用
  • 過度な洗髪
  • 空調の効いた部屋に長時間いる
  • 紫外線に直接あたることが多い
  • ストレスが多い
  • 感染症である

(関連:頭皮の乾燥トラブル「フケ・かゆみ」NG行動と予防・対策をチェック

特に多いのが、洗浄力の強いシャンプーで必要な皮脂まで洗い流すこと。
500円前後の安価なシャンプーは、洗浄力が強すぎるので使用を控えるべきでしょう。
(参考:シャンプーの界面活性剤は体に悪い?洗浄成分で見極めるやさしいシャンプーの選び方

逆に洗浄力のやさしいシャンプーを使っていても、汚れ落ちを気にして2度洗いするとフケを増やしかねません。

また「紫外線に長時間あたる」など、乾燥しやすい環境にいる方も注意してください。

脂性フケ(大きいフケ):皮脂や菌の増殖

ねっとりしたフケは、皮脂や汚れの洗い残し黄色っぽいねっとりしたフケは、皮脂の過剰分泌が原因。

そもそも皮脂の過剰分泌は、頭皮の汚れが原因です。

  • シャンプー、皮脂のすすぎ残し
  • 整髪料が落としきれていない
  • 頭皮の病気(感染症など)
  • ホルモン分泌
  • ビタミン代謝の異常
  • 皮脂腺の機能異常

汚れが毛穴に詰まって皮脂が出過ぎると、皮脂をエサにする菌が増殖。
菌によって頭皮が刺激を受けて、代謝が遅れてしまいます。
本来落ちるはずの皮脂が汚れと混ざり合って、ベタベタしたフケになるというワケです。

もともと脂性肌ぎみ
思春期の頃にニキビがでよくできていた
という方は、脂性フケが出やすい傾向がありますよ。

乾燥が招く「インナードライ」にも注意

乾燥のしすぎで脂性フケになる、インナードライにも要注意。

極度に頭皮が乾燥すると、正常な状態に戻そうと頭皮に皮脂を出します。
その皮脂が過剰分泌されることで、ベタベタした脂性フケになってしまうんですね。

頭皮だけやたらベタつく…という方は、”隠れ乾燥タイプ”も疑うべきでしょう。

大量のフケはすぐに皮膚科を受診するのがおすすめ

フケが過剰に出ているときは受診する乾燥・脂性に関わらずフケが大量に出ている場合は、病院で相談しましょう。

「フケで病院?」と思うかもしれません。
しかし実は皮膚炎だった、ということも考えられます。

当てはまるものはあるか、チェックしてみてください。

※タップで詳しい症状をチェックできます。

ねっとりした黄色いフケ(脂漏性皮膚炎)

脂性フケがいつまでも治まらない、くり返すときは、脂漏性皮膚炎の疑いがあります。

  • 油っぽいフケ
  • 左右対称性はない
  • かゆみは全くない~ひどいまで幅広い

冬はべっとりしたフケが乾いて「頭皮がポロッと剥ける」という方もいます。

治療をすると2週間ほどで改善する場合もありますが、逆に長引くことも。

脂漏性皮膚炎は治療をしても繰り返すことが多々あります。
唐辛子など、刺激のある食べ物を好む方にも多いです。

食事にも気をつけて、油断せずにセルフケアを続けることが大切ですよ。

大量の白いカサカサしたフケ(アトピー性皮膚炎)

アトピー性皮膚炎の方はフケがでたら、早急に病院へ行きましょう。

強いかゆみを伴うこともあり、搔いて頭皮を傷つけ余計に悪化する場合も…。

「夏は汗、冬は乾燥」など、下記の要因が組み合わさって起こります。

  • 日常のストレス
  • 寝不足
  • 過労
  • 衛生環境
  • 気候

また使用できるテクスチャーが違うので、体用の薬(ステロイドなど)を頭部に塗るのは禁物。

早めに適する薬を処方してもらってくださいね。

乾燥したうろこ状の斑(頭の水虫)

頭皮に乾燥したうろこ状の斑(はん)ができていたら、頭の水虫の疑いがあります。
※ちがった色の部分が入りまじっている模様。

ペットから人に感染する皮膚病で、犬や猫を飼っている人は要注意です。

  • フケが増える
  • 若干のかゆみ
  • 斑状の脱毛

自身のフケと共にペットも痒そうにしていたら、水虫の可能性が高いでしょう。

水虫には市販薬もありますが、似たような皮膚病もあります。
水虫でなかった場合、水虫の薬をつけると余計に悪化しかねません。

また放置するのも、薄毛につながるので絶対NG。

自己判断せずに皮膚科を受診しましょう。

とれないフケと激しいかゆみ(頭シラミ)

かゆみを伴うフケには、頭シラミの可能性もあります。

頭シラミの卵は直径0.5ミリほどの大きさで、色は乳白色

  • かゆみがある
  • 髪の根元に楕円形の取れないフケがある

といった症状がある方は要注意です。

見つけるポイントはシラミの卵。
孵化(ふか)しても、卵はそのまましっかり髪に残っています。
髪をかき分けながら、耳の後ろや後頭部をよく観察してください。

見つけたら卵のついた毛をカットして、応急処置しておきましょう。

ちなみにシラミは衛生状態に関係なく、誰にでも寄生します。
保育園~小学校で集団生活をするお子さんにも起こりやすいです。
お子さんからうつる可能性があるので、大人も注意してくださいね。

セルフケアの改善は難しいので、状態が悪化する前に早めに受診しましょう。

【止まらないフケの対策】ヘアケアの見直しが改善のカギ

フケがとまらないときは、自分のフケタイプにあった成分でのケアがポイントです。

下記を参考に、毎日コツコツとフケ対策をしてみてください。

  • 頭皮クレンジングで栄養が届く頭皮環境に準備する
  • 刺激の少ないアミノ酸シャンプーで洗う
  • 洗髪後はローション・トニックで頭皮を刺激から守る

頭皮クレンジングで汚れを落とす

頭皮クレンジングで、取り切れないフケや汚れを取り除くまずは頭皮クレンジングでフケを取り除くのがベター。
普段落としきれない皮脂汚れや、取り切れないフケをキレイにしてくれます。

頭皮クレンジングは、フケタイプに合わせて成分を選ぶと効果大。

フケタイプおすすめ成分
乾燥ホホバオイル
オリーブオイル
脂性ココナッツオイル

乾燥タイプは保湿効果のあるホホバオイル・オリーブオイルがおすすめです。
オイルはベタついて苦手…という方は、ミルクタイプも使うのもアリですよ。

脂性肌は、菌を増加させないココナッツオイルが効果的です。
殺菌力が高いので、雑菌や細菌から素肌を守り、清潔に保ってくれます。

頭皮クレンジングのやり方

髪を濡らす前に500円玉ほど出して、マッサージするように地肌になじませればOK。

ただし、やりすぎると頭皮を守る皮脂までも奪う可能性も…。
週に1回のスペアシャルケアとして使うだけで、十分効果を期待できます。

また頭皮トラブルを避けるために、髪専用のクレンジングを使ってくださいね。

原因別にアミノ酸シャンプーを使い分ける

シャンプーは刺激の少ないアミノ酸系がおすすめフケが出ているときは刺激の少ないアミノ酸シャンプーがおすすめです。

先述のとおり、洗浄力の強すぎるシャンプーの使用はフケの原因の1つ。
アミノ酸シャンプーはやさしい洗浄力で、余分な皮脂や汚れだけを取り除いてくれます。

成分表の先頭に「ココイル~」「ラウロイル~」とあれば、アミノ酸系です。
ただし、乾燥タイプのフケ・脂性タイプのフケで選ぶべき成分が変わります。
(関連:敏感肌にはアミノ酸シャンプーがおすすめ!安くても効果のある成分と選び方をチェック!

乾燥フケは保湿成分

乾燥フケは、保湿力のある成分がおすすめ。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • 植物オイル

特にセラミドは乾燥・紫外線などの外部刺激から頭皮を守ってくれる働きがあります。

肌には、本来、乾燥やほこりなど肌荒れを引き起こす外部刺激から肌を守るための働きが備わっています。その働きのことを、肌の「バリア機能」といいます。「セラミド」は、このバリア機能をきちんと働かせるための主役となっている成分です。

(出典:花王『肌お必須成分「セラミド」とは』

特にツッパリ感が気になってフケがでているなら、注目して選んでみてください。

刺激になる成分は避ける

乾燥フケにとって刺激になる成分は大敵です。

  • 香料
  • 着色料
  • アルコール

刺激がフケを増やす恐れがあります。

「無添加」「ノンアルコール処方」など、パッケージに記載されていますよ。

脂性フケは殺菌・除菌成分

菌を殺菌・除菌する有効成分が含まれている成分を選びましょう。

  • ピクトオラミン
  • サリチル酸
  • グリチル酸
  • ケトコナゾールなど

上記のような有効成分が含まれているシャンプーは「薬用」と記載されています。

パッケージには脂性肌向け、薬用の表記の記載があるので確認してください。

シャンプー後のすすぎは時間をかける

すすぎは髪を洗った時間の2倍毛穴をすすぐようにしてください。

特にシリコン入りのシャンプーを使っている人は要注意。
洗浄成分が頭皮に留まりやすいので、すすぎ残しになりやすいです。

しっかり洗い流せているのか不安な方は、ノンシリコンシャンプーを使ってみてください。

(参考:ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリットから合わない髪質や選び方をチェック!

ローション・トニックで頭皮環境を整える

洗髪後は、保湿して必要な栄養を補うフケの改善には、入浴後に頭皮のローション・トニックをつけるのも必須です。

洗髪後は皮脂が取り除かれているので、刺激を受けやすい状態。
ローション・トニックでケアすることで、刺激による代謝の乱れを防いでくれます。

ローション・トニックは、フケの原因別にタイプを使い分けるのがベター。

  • 乾燥フケ…保湿力のあるオイルタイプ
  • 脂性フケ…さっぱり感の化粧水タイプ

(関連:詳しい頭皮ローションの選び方はコチラ

しっかりとタオルドライして直接頭皮に塗布し、揉みこむように馴染ませてください。

フケと他の症状がでているとき

フケと共に他の症状があるときは、以下の成分が有効です。

  • かゆみ(炎症)
    →【ヒスタミン】かゆみを抑える
  • 抜け毛(ターンオーバー不良)
    →【ニコチン酸アミド】皮脂や粘膜を正常に保つ
  • あかみ(アレルギー)
    →【リチルレチン酸ジカリウム】炎症を抑える

ただし1週間ケアしても改善しなければ、皮膚科を受診してくださいね。

フケの予防は「生活習慣の改善」がカギ

生活習慣を改善してフケ予防フケの発生を繰り返さないためには、免疫を上げる生活を心がけましょう。
頭皮を守る力が高まり、健康な状態をキープできますよ。

食事は野菜・果物を多く取る

食事は不足している栄養素を積極的に摂取しましょう。

下記を参考に、フケのタイプ別に不足している栄養素をチェックしてみてください。

共通アミノ酸
→マグロ・カツオ
タンパク質
→納豆・牛乳
ビタミンC
→果物
乾燥タイプビタミンA
→ウナギ、鶏レバー、緑黄色野菜
ビタミンE
→アーモンド、モロヘイヤ、カボチャ
脂性タイプビタミンB2
→豚レバー、肉類、緑黄色野菜
ビタミンB6
→魚、肉類、果物

中でも不足しがちな野菜や果物を意識するといいでしょう。

もちろん全体のバランスに気をつけながら、取り入れてくださいね。

食事は食べる時間・量も大事

食事は寝る3時間以上前に取るように心がけましょう。

「仕事が遅くて夜遅い時間にしか食べられない」
という方は夕方と遅い時刻の2回に分けるのがおすすめ。

食材はエビ・ホタテ・イカ・カニ・カジキマグロなどの魚介類がベター。
睡眠のリズムを上手く調整してくれます。

もちろん、暴飲暴食を避けることも大切ですよ。

睡眠の質を上げる

フケを予防するには、睡眠の質を重視しましょう。

  • 眠る前は携帯をできるだけ見ない
  • カフェインは寝る4時間前まで

携帯のブルーライトは、体の体内リズムを錯乱させます。

また晩酌が欠かせない方はビール缶1本を目安に。
大量に摂取すると、眠りの妨げとなります。

ほどほどにしてベットに入りましょう。

ストレス発散する

できるだけノンストレスで過ごすこともフケ改善には欠かせません。

ストレスはホルモンバランスを崩し、免疫を低下させる原因です。

「一体ストレス発散ってどうしたらいいの?」という方は、下記を参考にしてみてください。

  • 好きな映画を見る
  • 友人とおしゃべり
  • ヨガ・ストレッチ・ウォーキング

笑うと免疫が上がるという研究結果があるので、コメディ映画もおすすめです。

また「声を出す」ことがストレス発散に繋がります。
最近声を出していないかも…と思ったら友人と電話するものいいでしょう、

普段声を出して笑う頻度が多い群ほど「職場の対人関係でのストレス」得点が有意に低く(p<0.05),「働きがい」得点は有意に高かった(p<0.01).普段声を出して笑う頻度が多い群ほど「活気」得点が有意に高く(p<0.01),「不安感」,「抑うつ感」および「身体愁訴」の各得点は有意に低かった(p<0.01).

(出典:日本職業・災害医学会会誌『女性看護師の声を出して笑う頻度と勤務状況,日常生活習慣および職業性ストレスの関係』

なかなか時間が取れなければ、深呼吸するだけでもOK。
自律神経を整え、頭皮のバランスを保ってくれますよ。

無理なくできることから始めましょう。

日頃からの心がけは大事ですが、あまり神経質にならずに、できることから改善してくださいね。

フケに関するQ&A

Q1.子ども、中学生のフケの原因は?

A.代謝が活発なため、皮脂汚れや汗が主な原因です。

詳細はコチラ

子どもから中高生のフケは、皮脂汚れや汗が頭皮に残っていることが主な原因。

もともと子どもは代謝が活発で、皮脂量が多いです。
しっかり洗い流していないと、ベタベタしたフケが発生します。

特に中学生以降は体質の変化や部活などで汗をかくことが増え、フケがでる頭皮環境になりやすいです。

「頭皮をしっかりすすぐ」ことに意識を向けてみてください。

ただしフケが気にるからとゴシゴシ洗いすぎるのはNG。
かえってフケを増やしかねないので、優しく指の腹で優しく洗うように心がけましょう。

Q2.フケが出ると抜け毛やはげになる?

A.ハゲや抜け毛とは直接関係はありません。ただ頭皮環境が悪化して、髪の成長に妨げがでることがあります。

詳細はコチラ

フケがハゲや抜け毛の直接的な原因になることはありません。

ただしフケによって頭皮環境が乱れると、頭皮に栄養が行き渡らなくなります。
結果的に抜け毛になったり、生えてくる髪が細くなったりする可能性は否定できません。

健やかな髪の成長を助けるためにも、フケは早急に解決するべきでしょう。

Q3.フケの原因は男性・女性で違う?

A.男女の違いはありません。しかし、女性は乾燥・男性は皮脂過多が原因なことが多い傾向です。

詳細はコチラ

フケの原因は女性は乾燥、男性は脂性によるものが多いです。
それはもともとの皮脂量に違いがあるから。

男性ホルモンの1種であるアンドロゲンは、皮脂の生産を担っています。
ストレスなどで男性ホルモンが過剰になると、皮脂量も増加
湿性のフケを促し、マラセチア*などの菌が繁殖することもあります。

*皮膚に存在する常在菌の1つ。皮脂を好み、過剰に増える事で皮膚炎を起こす。

頭皮は顔の約2倍の皮脂腺があるといわれ、Tゾーン以上にベタつきやすいのが特徴。
ベタつきや匂い、といった男性の肌・頭皮の悩みは、女性の約3倍多く皮脂分泌していることが関係しています。

(出典:株式会社女性モード社『サロンワーク発想だから分かる!基本の毛髪化学』)

女性の場合は男性よりも皮脂量が少ないため、乾燥フケがでやすい傾向。
逆に男性は皮脂フケが出やすい傾向があります。

とはいえ、フケの原因は個人の体質によるものが大きいです。

きちんと原因を見極めて、それぞれに効果的なアプローチをするのが改善のカギですよ。

男性の頭皮の悩み・ヘアケアはメンズシャンプーがおすすめ!
メンズシャンプーの選び方をチェック!

フケが出ていると人からの視線が気になったり、精神的に落ち込んでしまったりすることもありますよね。

また1度おさまったとしても、繰り返すことが多いのも困ったところ。

フケを根本的に改善するには、ヘアケアと生活習慣の改善の両面からが効果的です。

※タップで逆スクロールします。

正しいケア方法を身に着けて、快適な頭皮環境を目指しましょう。

参考献文

亀田 宗一
『シャンプーで肌は変わる』
2019.8.5,時事通信社

ジェームズ スカラ
新・実用ビタミン栄養学 (日本語)
1995.7.1, 小学館 

独立行政法人 環境再生機構,
【参考資料】食品の選び方

ルベル/タカラベルモント㈱,
『サロンワーク発想だから分かる!基本の毛髪化学』,
株式会社女性モード社,2014,1,24

井奈波良一,
女性看護師の声を出して笑う頻度と勤務状況,日常生活習慣および職業性ストレスの関係』,
日職災医誌,63:81─87,2015

ABOUT ME
eriko
eriko
1986年生まれ。地元は浅草の江戸っ子。 10年間エステサロンに勤務し、店長としてトータルビューティーの施術やアドバイスを行う。 「ナチュラルな美しさの追求」「正しい美容情報の発信」をモットーに、日々の情報収集は欠かしません。 日常のケアでお悩みの方のお役に立てるよう、こだわりのコンテンツを作成しています!