BEAUTY

頭皮のブツブツや痛い炎症は「頭皮湿疹」かも?原因と今すぐできる対処法を解説

洗っているのに頭がかゆい.... 【頭皮湿疹】の原因と解決方法を紹介

「ちゃんとシャンプーしているのに頭がかゆい」
「頭にブツブツができて赤くなっている」

このような頭皮のトラブルの原因は、頭皮湿疹かもしれません。

頭皮湿疹は一度できると、長期間治らないことが多いのがネック。
そこに痛みやかゆみを伴うと、日常生活に影響が出てかねません。

そこで今回は、頭皮湿疹の原因とケア方法について紹介しています。
頭皮湿疹を予防する正しいシャンプーの選び方についても詳しく解説しますよ。

不快な頭皮湿疹を解消するためにも、早急に対処していきましょう!

【この記事で分かること】

  • 頭皮湿疹の原因はシャンプーだった?頭皮の乾燥や皮膚疾患もトリガーになる
  • 症状が治らなければすぐに病院へ!放っておくと脱毛症になる可能性も…
  • 頭皮湿疹の予防は普段のヘアケアから!肌質別のシャンプーの選び方を解説

頭皮がぶつぶつする原因3つ

かゆみや赤みを伴うぶつぶつがある場合は、頭皮に湿疹がおきている可能性が高いです。

頭皮湿疹ができる原因は、大きく分けて3つ。

  • シャンプーの成分がアレルギーを起こしている
  • 頭皮が乾燥し、外部から刺激を受けやすくなる
  • かゆみや炎症を伴う皮膚疾患を発症している

シャンプーやヘアケアが合っていない

原因① シャンプーにアレルギーの原因物質が含まれている

シャンプーの成分によるアレルギー反応は、身近にある頭皮湿疹の原因の1つ。

洗浄成分や添加物など、下記のような配合成分が頭皮の刺激になりかねません。
シャンプーを変えた後に頭皮の赤みや細かいブツブツ、水疱が出る場合は要注意です。

配合成分アレルギーの出やすい成分名
界面活性剤ラウレス硫酸Na
ラウリル硫酸Na
防腐剤パラベン
フェノキシエタノール
香料ゲラニオール
リナロール
ア二シルアルコール
着色料赤色202号

またコンディショナーやヘアオイルなど、シャンプー以外のヘアケアアイテムが原因であることも。

まずは今使っているアイテムの成分表をチェックしてみるのをオススメします。

どんな成分がアレルギーを起こすかは人によって異なります。
パッチテストをして、肌に合わなかったアイテムは避けるのがベターですよ。

【パッチテストのやり方】

  1. シャンプーやヘアケアアイテムを水で10~20倍に薄める
  2. 絆創膏のガーゼ部分に、水で薄めたシャンプーを染み込ませる
  3. 二の腕や太ももに絆創膏を貼る
  4. 30分放置して、炎症が起きているか確認する

頭皮が乾燥している

原因② 頭皮が乾燥し、免疫力が低下する

頭皮の乾燥も、頭皮湿疹に引き起こす原因になりかねません。

下記に当てはまる方は、頭皮を乾燥させている可能性が高いです。

  • 過度な洗髪
  • 洗浄力の強いシャンプーを使う
  • ストレスが多い
  • 紫外線に直接あたる
  • もともと乾燥肌 など

そもそも頭皮の乾燥は、ターンオーバーの乱れによって発生するもの。
(関連:頭皮のターンオーバーがトラブルを解決する!髪と地肌を健やかに保つヘアケアと生活習慣を解説

ターンオーバーが早まると、水分の保持と外部刺激から頭皮を守るバリア機能が低下してしまいます。
バリア機能の低下によって頭皮が乾燥し、少しの刺激でも炎症がおきやすくなるんですね。

特にかゆみや白い粉のようなフケが出る方は、乾燥による頭皮湿疹を疑ってみましょう。

皮膚疾患がおきている

原因③ 皮膚の病気を発症している

頭皮湿疹は、皮膚疾患が原因であることも。

いわゆるブツブツとしたかぶれのような症状だけでなく、ニオイやかゆみなど複数の症状が併発する場合は要注意です。

代表的な皮膚疾患は下記の通り。

脂漏性皮膚炎…頭皮に嫌なニオイやべたつきがある

脂漏性皮膚炎は、マラセチアというカビの一種が増殖することでおこる湿疹

マラセチアは皮脂を栄養源としているので、オイリー肌の人は脂漏性皮膚炎になりやすいんですね。
症状は、嫌なにおいやべたつきが発生することが多いですよ。

アトピー性皮膚炎…ジュクジュクとした強いかゆみを伴う

アトピー性皮膚炎は、アレルギー体質や皮膚が弱い人におこる慢性的な病気

肌のバリア機能が低下し、外部刺激が肌に触れることで炎症がおこるんですね。
アトピー性皮膚炎は、ジュクジュクとした、強いかゆみを伴う湿疹ができるのが特徴です。

濃痂(のうか)湿疹…小さな水疱が破れてかさぶたができる

濃痂湿疹は、傷口から細菌が繁殖することでおこる湿疹

頭を引っ掻いたり強くブラッシングをする人は、濃痂湿疹になりやすいので注意。
濃痂湿疹は、小さな水疱が集まったものが破れてかさぶたができることが多めですよ。

皮膚疾患は少量のフケやかゆみがでる程度なら、市販薬で和らげることも可能です。
それでも治らない場合は、必ず病院で炎症の原因を特定してもらうようにしましょう。

早期の発見・治療で、頭皮湿疹の悪化を防いでくださいね。

市販薬を選ぶならローションタイプがベター

頭皮湿疹用の市販薬は、ローションタイプがオススメ。

ローションタイプは保湿力が高く、患部に塗りやすいのが特徴です。

塗るタイミングは、ドライヤーで髪を乾かした後がベスト。
手を清潔にしてから、指先で押さえるようになじませてください。

ただし市販薬は、病院の薬に比べると効果は薄くなります。
1週間程度で症状が改善しなければ、早めに皮膚科を受診しましょう。

強いかゆみ・かさぶた・フケ…頭皮湿疹が治らないなら病院で治療薬をもらおう

症状が長引くようなら病院へ 放っておくと薄毛になる可能性もある

頭皮湿疹がなかなか治らない時は、すぐに病院で治療を進めるようにしてください。

放置すると薄毛を引き起こす可能性もあるので、早めの受診が大切ですよ。

皮膚科では、抗生剤の塗り薬や飲み薬を中心に治療をしていきます。

【塗り薬】

  • アンテベートローション0.05%
  • リンデロン-VGローション
  • ロコイド軟膏0.1%
  • ニゾラールローション2% など

【飲み薬】

  • アレロック
  • アレジオン
  • レスタミン
  • ザイザル など

ステロイド薬は「強く怖い薬」と思われがちですが、正しく使えばとても効果のある薬。
医師から指定された量・回数を必ず守り、患部を清潔にした状態で塗れば問題ありません。
治癒までの時間は個人差がありますが、早ければ週間程度治まります。

体質などを相談しながら、自分にとってベストな治療法を相談してみてくださいね。

頭皮湿疹の予防は「シャンプーの見直し」から始める

肌質に合うシャンプーで頭皮湿疹を予防する まずは自分の肌質を知ることが大切

頭皮湿疹を予防するには、自分に肌質に合うシャンプーに変えるのが効果的。

まず、頭皮に刺激を与えない優しい洗浄成分を選ぶのが最優先。
中でも、アミノ酸・ベタイン系と呼ばれるシャンプーがおすすめです。

どちらも地肌の保湿効果が期待できるので、乾燥や刺激を防止してくれます。
(参考:シャンプーの界面活性剤は体に悪い?洗浄成分で見極めるやさしいシャンプーの選び方

購入するときは成分表を見て、下記の表記が先頭の方に記載されているものを選んでみてください。

【アミノ酸シャンプー】

  • ラウロイル~
  • ココイル~

【ベタイン系シャンプー】

~ベタイン

また、肌質に合わせて配合成分に注目するのも重要。
シャンプーを購入する際は、以下のワードが記載されているものを選ぶとよいですよ。

肌のタイプ
症状
ワード
乾燥肌乾燥肌用
保湿
モイスト
脂性肌
脂漏性皮膚炎
脂性肌用
ノンシリコン
スムース
鉱物油不使用
敏感肌
アトピー性皮膚炎
ボタニカル
天然由来成分
無添加
石油系界面活性剤不使用

どのような肌質でも、洗い残しのないようにしっかりと流すのが大切ですよ。

正しい髪の洗い方をチェックする!

頭皮の肌質は、顔やカラダと同じであると言われています。
自分の肌質がわからないという場合は、以下を参考にしてみてください。

  • 乾燥肌
    →常に肌がカサカサし、洗顔後つっぱり感がある
  • 脂性肌
    →ニキビができやすく、化粧崩れしやすい
  • 敏感肌
    →化粧品で赤みが出やすく、かゆみを感じやすい

心身にストレスのない生活も重要

頭皮湿疹の予防には、生活習慣を見直すことも大切。

ターンオーバを整えて、トラブルのない頭皮を保つ習慣を身につけましょう。

  • 夜間に6~8時間の睡眠をとる
  • 1回15分~30分の軽い運動をする
  • タンパク質・亜鉛・ビタミンB群を中心に栄養バランスのとれた食事をとる
  • 紫外線対策を徹底する(UVスプレーや日傘を使うなど)
  • 休肝日をつくる
  • 喫煙を控える

たとえば夜間の睡眠中は、成長ホルモンが分泌される時間。
頭皮の生まれ変わりの周期を整えて、健康な頭皮を保つサポートをしてくれます。
何時に寝るかに関わらず、入眠はじめの3時間をたっぷり眠るのを心がけてみてください。

他にも食事や紫外線対策など、頭皮の刺激を避けることが頭皮湿疹の予防につながりますよ。

頭皮湿疹の主な原因は、シャンプーや紫外線などの外部刺激。
悪化すると皮膚疾患を併発することもあるので、早めの対処が大切です。

未然に頭皮湿疹を防ぐには、シャンプーの見直しが最優先。
アミノ酸・ベタイン系など、洗浄力のマイルドなシャンプーを使うように心がけましょう。

保湿成分や添加物など、肌質に合わせて配合成分をチェックするのもおすすめします。

肌のタイプ
症状
ワード
乾燥肌乾燥肌用
保湿
モイスト
脂性肌
脂漏性皮膚炎
脂性肌用
ノンシリコン
スムース
鉱物油不使用
敏感肌
アトピー性皮膚炎
ボタニカル
天然由来成分
無添加
石油系界面活性剤不使用

またターンオーバーを整える生活習慣を心がけるのも、頭皮湿疹予防のカギ。

ただしなかなか治らない場合はすぐに病院を受診して、専門薬などを用いてしっかり治療してくださいね。

ABOUT ME
Kaoru
Kaoru
1997年東京生まれ。 固い髪質に悩んだ経験から、美容業界に興味を持つ。 美容師の叔母から学んだ技術や、独学の情報をもとに美容ライターとして活躍中。 「美人は作れる」をモットーに、美容に悩む皆様に役立つ知識を発信していきます。