BEAUTY

エクステってどんなもの?種類とメリット・デメリット、長持ちさせるヘアケアをチェック!

エクステってどんなもの?種類とメリット・デメリット、長持ちさせるヘアケア手順をチェック!

「エクステが気になるけど、種類が多くて何が合うのか分からない…」
「エクステをしたいけど、ケアがめんどくさくないの?」
と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

髪の長さやボリュームを今すぐ変えたいときにおすすめのヘアエクステ。
ポイントカラーで印象を変えたいときにもぴったりです。

そこでこの記事では、エクステの種類とメリット・デメリットを詳しく解説。
あわせてエクステの正しいヘアケア手順も紹介しています。

エクステスタイルを楽しみたい方は要チェックです!

 【この記事でわかること】

  • エクステは髪に毛の束(付け毛)をつけること
  • 一気に憧れロングヘアが叶う!エクステのメリット・デメリット
  • エクステ4種類の付け方・特徴・向いている方
  • エクステの持ちを良くする正しいヘアケア手順

エクステ(エクステンション)とは髪への付け毛施術

エクステは付け毛の施術 、髪の自然なイメージチェンジができるエクステとは、髪の毛につける毛の束(付け毛)やその施術のこと。

髪の根元付近に装着することで、長さやボリュームを足すことや、差し色を入れることができます。

ちなみに近年はエクステの技術も進化していて、地毛と見間違うほど。
「ウィッグよりも自然にボリュームアップしたい」という方にオススメです。

素材は主に人毛ファイバーで作られた人工毛の2種類。
美容院などでは人工毛が使われていることが多く、人毛に比べて値段もやや安めです。

「今すぐロングスタイルにしたい!」
「髪を切らずに印象をガラッと変えたい!」
という方はぜひチャレンジしてみてください。

エクステのメリット・デメリット

髪の長さ・ボリューム・差し色が足せる! ネックな髪と頭皮への負担はヘアケアで緩和エクステを付けるメリット・デメリットは以下の通り。

【メリット】

  • 一時的に髪の長さやボリュームを足せる
  • インナーカラーやポイントカラーとして使える
  • 必要なときに付け外しができる

【デメリット】

  • 地毛や頭皮に少なからず負担・ダメージがかかる
  • 付けていないときに比べてより丁寧なヘアケアが必要になる

先述の通り、最大のメリットは髪の長さ・ボリューム・差し色を足せること。
地毛が伸びるのを待ったり、ウィッグを使ったりする必要がありません。

「髪を切りすぎてしまった…」というときの応急処置として使えるのもメリットですね。

また必要な時に付け外せるので、ヘアスタイルの気分転換にもオススメ。
インナーカラーやポイントカラーとして付ければ、地毛を染めることなく印象チェンジが可能です。

一方で、少なからず髪や頭皮に負担をかけてしまうのがネック。
地毛に直接装着するため、少し頭皮が引っ張られたり髪が傷みやすくなったりします。

ブラッシング・シャンプー・ドライヤーの使い方など、ケアに気を使う必要がありますよ。

エクステを付けるときは、ショートボブ以上の地毛の長さがベター。
あまり短すぎると、エクステを付ける部分が不自然に浮きかねません。
地毛がベリーショートなどで短い場合は、少し伸びるのを待ってから美容院で相談してみるのが良いでしょう。
(参照:【髪の毛を早く伸ばす方法5選】髪を切りすぎた⁉︎食べ物やマッサージが育毛のカギ

【エクステの選び方】種類と付け方をチェック

自分にあったエクステを見つけよう 、編み込み・シール・超音波・プルエクステ現在、エクステには4種類の方法があります。
それぞれの種類と特徴を知り、自分に合ったエクステを選びましょう。

※タップ・クリックで詳しい解説へスクロールします。

種類付け方特徴値段相場こんな方にオススメ!
編み込みエクステ編み込みゴムで縛る持ちが良い
ボリュームが出る
取り外しが簡単
1束
300円
毛量を増やしたい
地毛の色に近づけたい
コスパ重視
シール
エクステ
シート状のシールで地毛を挟む自然に仕上がる
シャンプーが楽
熱にやや弱い
1束
400円
はじめてのエクステ
細い髪質/前髪/サイド
コテをあまり使わない
超音波
エクステ
超音波で接着剤を浸透させる自然に馴染む
お手入れが楽
髪の負担が少ない
1束
500円
〜700円
仕上がり重視
お手入れは時短したい
髪を傷ませたくない
プル
エクステ
特殊な紐で地毛に取り付けるとても持ちが良い
1束が細い
毛質が良い
1束
160円
〜230円
持ちを良くしたい
馴染ませたい
毛質にこだわりたい

編み込みエクステ

編み込みエクステは、ボリュームを出したいときに最適

地毛に直接編み込むので、つけたては少し頭皮が引っ張られる感覚がするかもしれません。
ただ日常生活で外れてしまうことは少ないので、持ちが良いエクステと言えます。

シールエクステ

はじめてのエクステには、シールエクステがおすすめです。
他のエクステに比べて、シャンプーが楽な上に毛によく馴染むことが特徴。

熱に弱く耐久性があまりないので、丁寧なシャンプーやアイロンの頻度を抑えるなどの工夫が必要です。

超音波エクステ

超音波エクステは、コストよりも仕上がりを重視したい方におすすめです。

他のエクステに比べて値段がやや高めのがネックですが、最も自然な仕上がりでお手入れにあまり手間がかかりませんよ。

プルエクステ

プルエクステは毛質の良さにこだわりたい方にぴったり。

人毛100%使用の最新の付け方で、他のエクステに比べて1束がかなり細めです。
そのため、完全に馴染ませるには100束ほど必要になることも。
※一般的なエクステは約40束〜80束。

ただエクステの持ちは約3ヶ月持続するので、美容院になかなか行けない方にも良いですね。

長持ちさせるエクステの洗い方・ヘアケア手順

エクステを付けていられる期間(持ち)は約1ヶ月〜3ヶ月
ただし、これは髪質や毎日のヘアケア次第で個人差が出ます。

長く楽しむためにも、エクステ後のヘアケア手順もチェックしてみてください。

  1. 朝・入浴前・就寝前はしっかりブラッシングする
  2. シャンプーはエクステ部分と地毛部分の洗い方を分ける
    →毛先を中心にしっかりとトリートメントする
  3. ヘアオイルやヘアミルクは毛先を中心につける
  4. 地毛とエクステの接着部分はとくに注意して乾かす
    →就寝時にはゆるめの三つ編みに結ぶのがオススメ

ブラッシング:朝・入浴前・就寝前の1日3回がベスト

1日3回のブラッシング、目が粗くクッション性のあるものがおすすめエクステを付けている場合は、「朝・入浴前・就寝前」にブラッシングをして髪の絡まりをとるのがベスト。
エクステが絡まって傷んでしまうのを防ぐことができます。

ブラッシングでは毛先からブラシを入れ、だんだんと全体をといていくのがポイント。
地毛の根本を持ってブラッシングするとやりやすいですよ。

逆にブラシを無理やり通そうとしたり、髪を引っ張ったりするのはゼッタイにNG。
ゆっくりと丁寧に扱ってくださいね。

ちなみに地毛とエクステの接着部分(根元)は、エクステが外れやすくなるので避けましょう。

また固いブラシや目の細かいコームはエクステがとかしづらいことも。
下記のような、髪の痛みにくいヘアブラシを使うのがおすすめです。

  • 目が粗く大きめ
  • クッションつき
  • 獣毛

外出先にも小さめなサイズのものを持ち運びしておくと安心ですね。

シャンプー・洗い方:まずエクステ部分にトリートメントを付ける

エクステ部分をトリートメントで保護 、えりあしや根本のすすぎ残しに注意!エクステを付けているときは、下記の手順で洗髪していきましょう。

  1. 髪を十分に濡らす
  2. エクステ部分だけトリートメントやコンディショナーをつけて保護する
    →洗い流さないでOK!
  3. 頭皮・地毛部分だけに泡立てたシャンプーをつけて、やさしくもみ洗いする
    →シャンプーはエクステ部分につけない
  4. 仕上げに髪全体にトリートメントをつける
  5. えりあしやエクステ装着部分のすすぎ残しに注意して、しっかりと洗い流す

(参照:トリートメントとコンディショナーの違いは何?使い分け方・選び方のポイント

まずトリートメントをつけることで、エクステにシャンプー剤が入り込むのを防ぎます。

エクステにシャンプーほどの洗浄力は不要で、持ちが悪くなる原因になりかねません。
エクステの部分は頭皮だけを丁寧にもみ洗いしましょう。

またえりあしやエクステの装着部分は、すすぎ残しになりやすい場所です。
普段よりも時間をかけて十分に洗い流してくださいね。

シールエクステの場合は、オイルインシャンプーやノンシリコンシャンプーを避けるのがベター。
シャンプーに含まれる油分の影響で、シール部分が剥がれやすくなります。
エクステの持ちを良くするためには、さらさらタイプ・さっぱりタイプと記載されているものがオススメですよ。

(参考:ノンシリコンシャンプーが合わない髪質がある?効果やおすすめの選び方をチェック!
(参考:シャンプーの界面活性剤は体に悪い?洗浄成分で見極めるやさしいシャンプーの選び方

ヘアオイル:毛先を中心につける

毛先を中心にヘアオイルで保湿 、エクステの装着部分は避けてしっかり汚れを落としたら、ヘアオイルで保湿することが大切です。

手のひらにヘアオイルを伸ばして、毛先を中心に馴染ませましょう。

エクステが絡まって傷んでしまうことや、ドライヤーの熱で乾燥してしまうのを防いでくれます。
(参照:髪の保湿でパサパサ髪をツヤツヤに!おすすめのヘアケア方法&アイテムをチェック

ドライヤーで髪が完全に乾いた後にもう一度つけるのも効果的ですよ。

ただブラッシング同様、エクステの装着部分や髪の根本につけるのはNG
エクステの持ちが悪くなったり、外れやすくなったりするので気を付けてくださいね。

ドライヤー:エクステの接着部分は念入りに乾かす

ドライヤーは、エクステと地毛の接着部分をしっかり乾かすことがポイントです。

①20㎝以上離す ②エクステ部分(根元)を念入りに ③両方向から毛先に向かって ④上から下に冷風
  1. ドライヤーは頭皮から20㎝以上離す
  2. 根元(接着部分)を念入りに乾かす
  3. 毛先に向かって乾かす
    →時々ブラシでとかす
  4. 冷風をあてる

装着部分が半乾きのままだと、エクステの持ちが悪くなったり外れやすくなったりします。
できるだけすぐ乾かしましょう。

まずは根元の装着部分からしっかり乾かします。

髪の中間、毛先は時々ブラシでといてあげると早く乾きますよ。
風を下からあてると髪が絡まりやるくなるので、根元から毛先に向かって乾かしてくださいね。

仕上げに冷風をあてて熱をとると、エクステに艶を出すことができますよ。

寝るときはゆるめのみつあみがベスト

就寝時は髪を降ろさず、ゆるめのみつあみに結ぶのがオススメ。

髪の毛をまとめておくことで、エクステの絡まりやダメージを防ぐことができます。
ゆるく結ぶために、シュシュや大きめのゴムでまとめてくださいね。

枕と髪の摩擦を減らすために、ナイトキャップの使用も効果的ですよ。

エクステに関するQ&A

Q1.平均本数と値段はどのくらい?

A.ショート・ボブからロングへの大胆チェンジは、約30,000円〜が相場です。ただ付け方の種類や長さ、毛質よって値段が変わります。

詳しくはコチラ!

ショート・ボブの肩上から胸あたりのロングヘアにするには、約30,000円~が相場です。

ショート・ボブの場合、エクステでボリュームを出すには100本ほど付けるのがおすすめ。
1本あたり約300円が平均とすると、約30,000円かかるというワケです。

長さを少しだけ変えたいときや、ボリュームを抑えたいときは、40本で約12,000円でも馴染ませることができます。

種類や長さによって値段が違うので、詳しくは美容院で相談してみてください。

Q2.セルフでやることはできる?付け方・取り方は?

A.シールエクステなら簡単に付け外しができます。ネット通販などで購入が可能です。

詳しくはコチラ!

シールエクステであれば、セルフでも手軽に付け外しができます。

詳しい手順は以下の通り。

【付け方】

  1. 地毛が透けるくらい薄く毛束を取る
  2. 薄く取った髪の裏と表どちらも生え際から2mmほど下部分にシールを貼り、地毛をサンドイッチする
  3. シール部分をヘアアイロン(120〜140度くらい)でプレスし接着
  4. エクステを好みの長さにカットして整える

 

【取り方】
  1. シール部分にたっぷりのオイルを揉み込む
    (10秒ほど)
  2. 高温のアイロンでシール部分をプレスする
    (180度以上がベスト)
  3. シールが溶けたらエクステを外す
    (残ってしまったシールはコームでとかして取る)

セルフの方がコストがかからないので、チャレンジしてみるのもアリですね。

ちなみに超音波以外のエクステは、自分で取り外しが可能です。
美容師さんに外し方を聞いておくといいでしょう。

美容院で取り外す場合、別料金(平均3,000円程度)かかることがあります。
エクステをつけた美容院であれば無料で外してくれる場合があるので、合わせて確認してくださいね。

Q3.エクステを付けたままカラーはできる?

A.美容院によっては付けたまま染めることも可能です。

詳しくはコチラ!

エクステを付けたまま、ヘアカラー施術ができるところもあります。

ただカラーができる美容院でもエクステが痛みすぎているなど、状態によってはできない可能性も…。
予約時・来店前にエクステの状態を伝えておくといいですよ。

またカラーやパーマの施術中はエクステが絡みやすくなってしまうため、なるべく避けたほうが良いと言われています。

エクステ・カラーのモチを気にするなら、カラーはエクステを外してからがベターですよ。

Q4.エクステのおすすめヘアアレンジが知りたい!

A.長さを生かしたまとめ髪や巻き髪がおすすめです。ポイントカラーや前髪のエクステを生かしたアレンジするものいいですよ。

詳しくはコチラ!

エクステで髪に長さやボリュームが出ることで、まとめ髪や巻き髪の幅をグッと広げることが可能になります。

以下はエクステを付けたときのおすすめアレンジです。

  • ボブ・ミディアム
    →フェミニン巻き・ハーフアップ・外ハネ
  • ロング
    →巻きおろし・三編みポニーテール・お団子
  • ポイントカラー
    →差し色・インナーカラー・メッシュ
  • 前髪
    →かきあげ前髪・編み込み

ハイライトとして入れた場合は巻き髪にすると、立体感がでてより美しさが引き立ちますよ。

気分や好みでヘアスタイルを変えれば、アレンジが一層楽しくなりますね。

エクステは長さ・ボリュームを足したいときや、差し色を入れて印象を変えたいときに便利。

お手入れ次第で、長くきれいに楽しむことができます。
エクステを付けるときは、以下の4つのヘアケアを意識してみてください。

  1. 目が粗くクッション性のあるブラシを使う
    →朝・入浴前・就寝前にブラッシング
  2. エクステ部分に最初にトリートメントをつけてからシャンプーする
    →洗うのは頭皮・地毛部分のみ
  3. 毛先を中心にヘアオイルで保湿する
    →エクステ装着部分(根本)は避ける
  4. 乾かし残しがないよう念入りに乾かす
    →特にエクステ装着部分(根本)に注意

気分転換やイメージチェンジで付けるなど、上手にエクステを取り入れてみてくださいね。

ABOUT ME
eriko
eriko
1986年生まれ。地元は浅草の江戸っ子。 10年間エステサロンに勤務し、店長としてトータルビューティーの施術やアドバイスを行う。 「ナチュラルな美しさの追求」「正しい美容情報の発信」をモットーに、日々の情報収集は欠かしません。 日常のケアでお悩みの方のお役に立てるよう、こだわりのコンテンツを作成しています!