BEAUTY

髪を梳く(すく)とは?すきカットのメリット・デメリットと失敗しない頼み方

髪を梳く(すく)とは?すきカットのメリット・デメリットと失敗しない頼み方アイキャッチ

「毛量が多い人は、髪をすくと軽くなる」
というように、すく=量を減らすという漠然としたイメージがある方も多いでしょう。

たしかに髪をすくことで、理想通りのスタイルに近づいたり、セットしやすくなったりします。
ただカットの特徴を知っておかないと、伸びてきたときに広がる・膨らむなどのリスクがあるのも否めません。

そこで今回は、髪をすくとは何か・すくことのメリットやデメリットを解説。
すいて髪が広がってしまった時の対処法も伝えているので、ぜひチェックしてください。

【この記事でわかること】

  • 髪をすく=毛量を減らすこと!髪が重くなる方におすすめ
  • 良いことばかりじゃない!?髪をすくことのメリット・デメリット
  • 美容院で失敗せずに髪をすくには「髪質や最近やった施術内容を伝える」のがコツ
  • 髪をすいて広がったらヘアケア・スタイリング剤で応急処置!

髪を梳く(すく)とは?どんな人に向いてる?

髪を梳く(すく)とは、「梳きばさみ」をつかって毛量を減らすカットテクニック

そもそも“梳く”は「くしで髪を整える」という意味でしたが、現在では毛量を軽くするカット方法で定着しました。

実際にすきバサミはくしのように刃に溝があり、溝に入らない髪はそのまま残る仕組み。
つまり今生えている髪の一部を短くカットすることで、毛量を軽くしています。

すきばさみで髪を梳いた後の髪

特に下記に当てはまる方は、髪をすくカット方法が向いていますよ。

  • 毛量が多くて重い印象になる
  • スタイリングしても髪に動きがでない
  • 髪を伸ばしている

毛量調整だけでなく、髪の動きや柔らかさを表現する質感調整の効果もあります。
日本人は毛量が多く髪が太いタイプが多いので、軽い印象にしたい方にピッタリでしょう。

一方でくせ毛の方毛量が元々少ない方は、髪をすくのはおすすめしません。

くせ毛の方が髪をすくと髪に重さがなくなり、かえって髪の毛が広がりやすくなります。
毛量が少ない方や髪が細い方だと、髪が薄く見える可能性があることも…。

髪質や悩みに合わせて上手に髪をすくのが、理想のヘアスタイルを手に入れるポイントですよ。

くせ毛の原因を徹底解明!広がり・うねりを改善するヘアケアやおしゃれなスタイリング
くせ毛の原因を徹底解明!広がり・うねりを改善するヘアケアやおしゃれなスタイリング「髪の毛がいつもうねって困る...」 「雨の日は髪の毛が爆発して最悪!」 「くせ毛のせいで、セットをしてもすぐにボサボサに見えてしま...
女性の薄毛の悩み急増中!抜け毛対策できるシャンプーの選び方と改善方法薄毛の悩みは男性に多いイメージですが、人知れず悩む女性も多いはず。 「このまま毛が抜けたらどうしよう」 「一度薄毛になったら元に...

髪をすくメリット・デメリット

髪をすくと軽やか・柔らかな質感になる先述のとおり、髪をすくスタイリングには向き不向きがあります。
髪をすくことのメリット・デメリットをチェックしておきましょう。

【髪をすくメリット】

  • 軽やかなヘアスタイルにできる
  • 動きのあるスタイリングがしやすくなる
  • 束感のある表情になる
  • 頭が小さく見える
  • 髪を洗ったり乾かしたりするのが楽になる

【髪をすくデメリット】

  • はねたり広がったりしやすい
  • まとまりが悪くなる
  • すきすぎると薄毛に見える

髪をすいて毛量を少なくすれば、重たさが解消されて軽い印象にチェンジ。
動きのあるスタイリングがしやすく、ふんわりしたエアリー感がでます。

パーマスタイルの方なら、動き・質感を柔らかく見せるなどのパーマ効果を楽しむのにもってこい。
ワックスやオイルをつかえば、簡単に束感のあるスタイリングができますよ。

髪を洗ったり乾かしたりするのがラクになるのもメリットです。

 

一方で扱いにくい一面があるのも正直なところ…。

髪をすくと、髪質によっては寝癖がつきやすくなる・まとまりがなくなる場合があります。
髪に重さがなくなることで、短くなった一部の髪の毛が長い髪を押し上げるためです。

またすきすぎると、毛先がペラペラになってパサつきやすくなることも…。

メリットとデメリットを知った上で、すくべきか美容師さんと相談してみましょう。

ヘアカットで失敗しない頼み方のコツ3つ

失敗しないコツは写真で髪型のイメージを伝えること

上手に髪をすくために、美容師さんへの頼み方を工夫しましょう。

  • 希望のヘアスタイルを伝える
    ⇒見本となる写真を見せるとわかりやすい
  • 髪質や髪の悩みを伝える
    ⇒毛量が多い、スタイリングしにくい、毛先が傷んでいるなど
  • 髪の施術履歴を伝える
    ⇒カラー、縮毛矯正、パーマなど

髪の毛量を減らしたいとはいえ、「髪をすいてください」とだけ注文するのはNG!
とはいえ、どんな髪型にしたいのかを言葉で伝えるのは難しいですよね。

まずはやりたい髪型の見本となる写真を見せるのがおすすめ。
「どこを軽い印象にしたいのか」といった、細かなニュアンスのイメージを共有しやすいですよ。

初めての美容院であれば、解決したい髪の悩みを伝えることも大切。
毛量が多くボリュームが出やすい・髪が太くスタイリングしにくいと伝えれば、軽く扱いやすい髪型を提案してもらうこともできます。

また髪を伸ばしたい方は、今後どのくらい髪を伸ばしたいのかを伝えましょう。
梳きすぎによる髪ハネ防止にもなるので、伸ばしかけでもスタイリングしやすくなりますよ。

髪をすいて広がった時の応急処置

広がった時は油分・水分の多いスタイリング剤で抑えるすいた髪が伸びてパサパサしたり広がったりする場合は、スタイリング剤を使うのが効果的。

上記のスタイリング剤は髪をまとめながら、ツヤ感のある髪に見せることができます。

ヘアオイルやバームはダメージが気になる方・ウェット感のある仕上がりがお好みの方におすすめ。
ホホバオイル・アルガンオイルなどの植物由来成分を選べばベタつきにくく、ダメージ補修に効果的です。

ワックスはセット力が欲しい方・程よいツヤ感が欲しい方に向いています。
サラッとしたテクスチャで伸びがいいクリームタイプがベター。
中でもツヤが出るタイプの保湿系ワックスがおすすめです。

ハードワックスのような固めてしまうものは、向かないので避けてくださいね。

毎日のヘアケアで広がり対策も大切

すいた髪が扱いにくい時は、毎日のヘアケアを見直すことも大切。

シャンプーやトリートメントの種類や、髪の洗い方・乾かし方を工夫してください。

まず保湿力の高いアミノ酸系シャンプーで優しく丁寧に洗うことを心がけましょう。
強くこすりすぎないように注意して、指頭でマッサージするように揉み込むのが髪を傷めないポイントです。
(参考:正しい髪の洗い方でサラサラの艶髪!シャンプーのコツ・悩み別のお手入れ方法をチェック

入浴後は、洗い流さないトリートメントを毛先によく馴染ませます。
その後しっかりドライヤーで乾かしてください。

意外と中の方まで乾ききっていないことが多いので、温風と冷風を使い分けて乾かすといいですよ。

基本のヘアケアで注目を集めるツヤ髪に!おすすめトリートメント・ケア方法
基本のヘアケアで注目を集めるツヤ髪に!おすすめトリートメント・ケア方法「もともとくせ毛だから、きれいにまとまらない」 「傷んで髪がパサパサ、切るしかないかな…」 こんなふうに、ダメージ毛のケアを諦め...

髪をすくヘアカットに関するQ&A

Q1.美容院で髪をすくだけのオーダーは可能?

A.髪をすくだけのオーダーでもOKです。

詳細はコチラ!

美容院によっては、「メンテナンスカット」といった名前でメニューが用意されています。

値段も通常のカット料金の半分やそれ以下に設定されていることが多いです。
髪を伸ばしている方は、ヘアスタイルを整えるのに利用するといいでしょう。

すくだけのカットを希望の方は、以下の頻度を参考にしてください。

  • ショートヘア:1ヶ月
  • ミディアムヘア:2ヶ月
  • ロングヘア:3ヶ月

Q2.自分で髪をすくのは簡単?セルフでできる?

A.セルフでカットすることはできますが、きれいに髪をすくのは難しいです。

詳細はコチラ!

前髪や少しすく程度であればセルフ可能です。

すきバサミは市販されているので、持っていなけば購入してカットしていきましょう。

セルフですくときのブロッキング部分
  1. 《耳より後ろの下部・こめかみから上の上部・その間の中央部》の3段階にわけてクリップでとめる
  2. コームで少量の髪を揃えてカット(各ブロック後にカットして整える)

少量の髪の毛先だけをカットして、少しずつ整えるのがポイントです。
一度に毛量を多く取る・カットする位置が根元に近いと失敗しやすいので注意してください。

そもそもプロの美容師でも髪をすくには技術が必要。
美容院のようなしっかりした仕上がりにするのは難しいのが正直なところです。

また市販のすきバサミは、プロが使うハサミよりも切れ味が劣ります。
毛先が傷む原因にもなるので、セルフで髪をすくなら気になる部分を少し整える程度に留めましょう。

Q3.メンズはバリカンで髪が梳ける?

A.専用アタッチメントがあれば、簡単にバリカンで髪をすけます。

詳細はコチラ!

すき刈り専用アタッチメントがあれば、バリカンでも髪をすけます

バリカンを動かすだけで毛量を減らせるので、ハサミをつかうよりも簡単です。
しかしアタッチメントによっては、すきすぎることがあるので注意が必要。

一度にたくさんの髪をバリカンで梳くのではなく、少量ずつ様子を見ながら刈っていきましょう。

実は、髪を梳くのは一長一短。
毛量を減らして軽い印象にしてくれる一方、髪が広がりやすくなるリスクも潜んでいます。

髪質や悩みを踏まえて、プロの美容師に相談しながら施術するのがおすすめです。

【髪をすくメリット】

  • 動きのあるスタイリングがしやすくなる
  • 束感のある表情になる
  • 頭が小さく見える
  • 髪を洗ったり乾かしたりするのが楽になる

【髪をすくデメリット】

  • 伸びるとまとまりが悪くなる
  • はねる・広がる

【失敗しないオーダー方法】

  • 希望のヘアスタイルの写真を見せる
  • 髪質や髪の悩みを伝える
    ⇒毛量が多い、スタイリングしにくい、毛先が傷んでいるなど

万が一、すいて髪が広がってしまったらスタイリング剤で応急処置
パサつきが目立っていれば、ヘアケアでのダメージ補修も大切です。
オーダー方法やヘアケアを工夫してリスクを回避してくださいね。

上手にオーダーに活かして、扱いやすく理想の髪型を手に入れましょう。

ボサボサ髪を改善するヘアケアのコツ!伸ばしかけのハネ対処と応急処置もチェックアイキャッチ
ボサボサ髪を改善するヘアケアのコツ!伸ばしかけのハネ対処と応急処置もチェック「伸ばしかけで髪がボサボサ」 「この前美容院に行ったばかりなのに、髪がまとまらない…」 など、ボサボサに広がる髪にお悩みの方も多いは...
髪がごわつく原因は?おすすめのシャンプーやケア方法を紹介
髪のゴワゴワはヘアケアで解決!広がり・ごわつきの原因と今すぐやるべき対策をチェック「毎日ケアしているのに、なぜか髪がごわごわ...」 と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 実は知らないうちにやっている間違...
自宅で髪質改善できる!正しいホームケアのポイント3つでセルフ美髪を実現しよう
自宅で髪質改善できる!正しいホームケアのポイント3つでセルフ美髪を実現しよう最近、ヘアケアの1つとして「髪質改善」が大注目されています。 "髪質改善トリートメント"として、美容院の施術メニューで見かけたこと...
ABOUT ME
eriko
eriko
1986年生まれ。地元は浅草の江戸っ子。 10年間エステサロンに勤務し、店長としてトータルビューティーの施術やアドバイスを行う。 「ナチュラルな美しさの追求」「正しい美容情報の発信」をモットーに、日々の情報収集は欠かしません。 日常のケアでお悩みの方のお役に立てるよう、こだわりのコンテンツを作成しています!