BEAUTY

被って寝るだけ!美髪を作るナイトキャップの選び方と正しい使い方

ナイトキャップが再流行?!被って寝るだけで髪のコンディションが整う便利アイテム!

「夜ブローした時はまとまっているのに、朝起きたら毛先がパサパサ…」
「寝癖を直すのに朝時間がかかって大変」

とお悩みの方におすすめなのが『ナイトキャップ』。

寝癖を防いでくれるだけでなく、髪をダメージから守ってくれる効果があります。

今回はナイトキャップの効果や選び方をご紹介。
あわせて髪の長さ別の被り方も解説しています。

朝のヘアセットに時間がとられている方、髪のパサつきが気になっている方は、参考にしてください。

【この記事で分かること】

  • ナイトキャップとは?寝癖を予防する帽子のこと
  • すごい!被るだけなのに、髪がサラ艶。その他の効果もある
  • 効果を最大限に生かすためのナイトキャップの選び方
  • 髪の長さ別ナイトキャップの被り方

そもそもナイトキャップとは?就寝時の髪の乱れを防ぐだけじゃない!

ナイトキャップは寝癖を予防するために被る帽子ナイトキャップは夜、眠るときに被る帽子のこと。
もともとは髪の汚れや乱れを防ぐことを目的に作られました。

現在はつややかな美髪をつくるアイテムとして、大注目されています。

「朝起きると髪が爆発状態…」
「髪のうねりが気になってキレイに伸ばせない…」
と悩んでいる方は、就寝時の髪のダメージも疑ってみるべきでしょう。
実は枕やシーツに髪が触れて摩擦が起きると、髪が乾燥してパサついてしまいます。

ナイトキャップはかぶって寝るだけで、就寝中の刺激から髪を守ってくれるアイテム。
髪の広がりやクセを防いで、朝のヘアセット時間も短縮できますよ。

また「寝苦しい季節に長い髪が首すじに巻き付いて暑い」「冬場に頭が寒い…」など、就寝時の悩みも解消にももってこいです。

ナイトキャップの効果は髪の保湿・保温

ナイトキャップの効果は髪・頭皮を保湿・保温するナイトキャップの最大の効果は、髪や頭皮の保湿・保温です。

先述のとおり、就寝中の髪は刺激を受けて乾燥しています。
摩擦で傷んだ髪はキューティクルが壊れて、そこから水分が流れ出てしまうんですね。
(参考:髪のキューティクルと美髪の関係とは?

就寝中のキューティクルを守り、髪内部の水分量を保ってくれるのがナイトキャップ。
髪に潤いを閉じ込めることで、髪のうねりや切れ毛、広がりを防止してくれます。

髪だけでなく、頭皮トラブル防止にも効果的。
寒い冬は頭を暖かく包み、逆に暑い夜は寝汗を吸収します。
頭皮の乾燥や毛穴詰まりを防止して、フケやかゆみ、抜け毛を予防してくれますよ。
(参考:フケの原因・対策を徹底解説!シャンプーやヘアケアで今すぐ予防する方法

また、睡眠の質を向上させるサポート役もこなします。
そもそも髪や頭皮を健康に保つ成長ホルモンは、睡眠中に分泌されることがほとんど。

寝入ってから2~3時間後に分泌されるのが成長ホルモンです。「これ以上身長が伸びるわけではないから、成長ホルモンが分泌されなくても関係ない」と思っていたら、大間違い。「成長ホルモンは単に「成長」を促進させるだけでなく、「細胞の修復」や「疲労回復」に役立っています。肌=皮膚や内臓の細胞を新しいものに入れ替える「ターンオーバー」は、成長ホルモンによって行われるのです。

(出典:OMRON『睡眠が健康に与える影響――睡眠は「時間」も大事だが「質のよさ」がもっと重要!』

ナイトキャップは睡眠中の不快感を削減して、良質な睡眠を導いてくれます。

つまり”睡眠中のヘアケアをサポートして美髪を作る”のが、ナイトキャップの効果なんですね。

メンズ・レディースで違う?ナイトキャップの選び方

基本的に選び方は男女ともに同じです。

選び方は以下の3つに注目しましょう。

  • 素材
    →シルク、綿
  • サイズ
    →頭囲・髪の長さに合ったもの
  • デザイン
    →好みあったもの

ダメージヘアにおすすめなのはシルク素材

髪のパサつきが気になるなら、シルク素材がおすすめサラ艶髪を求める方は、シルク素材のナイトキャップを選ぶのがオススメ。

ナイトキャップの素材は、シルク・綿・化繊などがあります。
中でもシルクは吸水性・通気性・保温性に優れており、「夏は涼しく、冬は暖かい」ことが特徴です。

汗をかいても蒸れにくく、適度な湿度を保ちます。
乾燥によるダメージを防いで、艶やかな髪へサポートしてくれるというワケなんですね。

綿の約1.5倍の吸湿性・放湿性があると言われています。夏の暑い時や、寝ている時に汗をかいても、肌表面のシルクは吸湿性により、サラッとして、余分な水分は、すぐに放湿してしまいます。その上、保温性まであり、シルクの繊維間には、沢山の細やかな気泡があり、その気泡の断熱効果により、冬でも暖かく、夏はさわやかで、一年中着心地がとても良い天然素材です。

(出典:きごころシルク専門店『シルクってどんな素材なの?』

ただし、シルクは洗濯機でガンガン洗えないのがやや難点。
お手入れは手洗い・陰干しをしてくださいね。

手軽さ重視なら「コットン」

お手入れの手軽さを求めるなら、コットン素材のナイトキャップがオススメ。

洗濯機で洗えるので、いつでも清潔なものを使えますよ。

コットンも通気性吸水性が高い素材で、汗をかきやすい夏場にもピッタリ。
天然コットン100%を選べば、肌が弱い方も使用できます。

シルクより美髪効果は落ちてしまいますが、手頃な価格で変えるのもポイントです。
季節や髪の状態によって使い分けしてもいいでしょう。

化学繊維は避けよう

逆に化学繊維は静電気が起きやすいため、避けましょう。
髪がボサボサになったり、絡んでしまったりする可能性があります。

タグやパッケージで生地を確認してくださいね。

(関連:ひどい髪の静電気は今すぐ対策!シャンプー・トリートメントが静電気防止のカギ

サイズ調整できるものを使う

頭にフィットするようにサイズ調整できるとベターナイトキャップは、ゴムやヒモでサイズを調整できるとベターです。
特にロングヘアの方は髪を入れる部分にゆとりのあるものを選びましょう。

眠るときにストレスにならないためにも、サイズ感は大事。

適度なフィット感がないと、寝ている間にずれて効果が半減しかねません。
逆にキツイとゴムの跡がついたり、頭が痛くなる可能性があります。

ぴったりのサイズを選ぶことで、効果を最大限に生かすことができますよ。

ナイトキャップは三角だけじゃない!かわいい~シンプルから気に入ったデザインを選ぶ

日常的に使いやすいデザインのナイトキャップを選ぶ日常的に使うものなので、使いやすいデザインかにもこだわりましょう。

ナイトキャップはフリルがついた可愛らしいものから、メンズでも使いやすいバンダナやキャップタイプまで種類が豊富。
ちなみに、大きなフリルがあるデザインは小顔に見えるうれしい効果もありますよ♪

気に入ったデザインを選んで、楽しんで美髪ケアをしてみてくださいね。

ナイトキャップの基本の被り方と前髪のしまい方

ナイトキャップの被り方基本の被り方を覚えて、ナイトキャップの効果を最大限に生かしましょう。

  1. しっかり乾かす
  2. ブラシで毛流れを整える
  3. ナイトキャップをおでこに引っ掛けて軽く被る
  4. 髪を1つに束ねる
    →毛先を丸めながらキャップに入れ込む
  5. 上を向いてキャップの中に収納する
    →髪がすっぽり入るように被る
  6. おくれ毛をしまい込む

まず、髪をしっかり乾かしてから被りましょう。
濡れていると、変な癖がついたり、髪が痛んでしまう可能性があります。

被るときのポイントは毛先の向きです。
かるく内側に折りたたむイメージでくるっと丸めると、きれいにまとまります。

前髪を横に流している方は、そのままサイドの髪と一緒に入れこんでください。
おろしている方は前髪を内側にくるんと丸めると、ペタッとなりにくいですよ。

髪の毛はすべてナイトキャップの中にしまいましょうね。

髪の長さ別にポイントがあります。
コツを掴めば、簡単に使いこなすことができますよ。

ショートヘアのポイント
癖がつきやすいショートヘア。
ナイトキャップを被るときのコツは3つあります。

  • しっかり乾かす
  • 冷風で軽くセット
  • セット後はあまり触らない

まずは髪を根元からしっかり乾かすようにしてください。
軽くセットまでしておくと、朝がラクチンです。

ゴムの部分を広げて、セットを崩さないように頭全体を包み込みます。
ゴムを広げている手をゆっくり放して、毛先が収まるようにしてください。

セットした状態を保つためにも、被ったらあまり触らないようにしましょう。

ボブ・ミディアムヘアのポイント

肩についてハネやすい長さのボブ。
特に毛先の向きに気を付けましょう。

  • 毛先を残して被る
  • 毛先を少量ずつ内側に入れ込む
  • トップの部分を持ち上げる

まずは手でゴムを広げて、頭の真上から下におろすイメージで被ります。
毛先は少しずつとって、くるっとまとめて押し込んでいきましょう。

最後にトップ部分を少し持ち上げると、根元がペタッとなりにくいですよ。

ロングヘアのポイント
ロングヘアのポイントは以下の通り。

  • 後ろの毛を一つにまとめる
  • 毛先を内側に丸めていく
  • 首元でまとめるようにする

髪が長い場合は、いったん耳上くらいまで軽く被ります。
その後、髪の後ろをくるくるまとめていきましょう。

癖がつかないように、ゆるくまとめるのがポイントです。

ウェーブヘアにしたいときは、カーラーをつけてもOK!
朝のセットが一段と楽になりますね。

ヘアオイルとの併用で美髪効果アップ

髪のパサつきが気になる方は、ヘアオイル(洗い流さないトリートメント)との併用がベター。

ダメージ補修(ヘアオイル)×保湿(ナイトキャップ)の相乗効果で、よりしっとりサラ艶髪になります。

おすすめのヘアオイルは、植物性のオーガニックオイルです。
繰り返すカラーやパーマで傷んだ髪を補修し、熱などの刺激から髪を守ってくれますよ。

「ヘアオイルは、顔がベタツキそうで苦手…」という方でも大丈夫。
ナイトキャップをしっかり被れば、顔に髪がつくこともありませんよ。

ナイトキャップに関するQ&A

Q1.ナイトキャップは100均にある?

A.今のところはありません。吸水ターバンなどで代用はきます。

詳しくはコチラをチェック!

今のところ(※2020年7月6日現在)、100均でナイトキャップは販売されていないようです。

ただ、吸水ターバンなどで代用することはできます。

ナイトキャップと同様、寝癖がつきにくく、ヘアスタイルを保ってくれますよ。
手軽に手に入れることができるので、見かけたら試してみるのもいいでしょう。

Q2.ナイトキャップって手作りできる?作り方は?

A.布とゴムさえあれば簡単にできます。

詳しくはコチラをチェック!

準備するものは(コットンかシルクがベター)・ゴムはさみです。

  1. 生地を裁断する…直径55㎝の円を2枚
  2. カットした生地のどちらか1枚を端から5㎝円を引く
  3. 2枚の生地を中表にする(②で書いた円は中に向ける)
  4. 返し口を5㎝とり、2枚を縫い合わせる
  5. 返し口からひっくり返す
  6. ゴムの通し口を4㎝ほど開け、③で描いた円の上を縫い合わせる
  7. ⑥で塗った場所より1㎝上の部分をぐるっと縫い合わせる
  8. ゴムの通し口にゴムを通す
  9. 返し口を閉じる

①図のように布を裁断する。
(直径55㎝×2)

ナイトキャップの型紙

②端から5㎝に円を描く。
(どちらか1枚でOK)

ゴムを入れる場所の目印をつける

③中表にし、返し口部分を残して縫い合わせる。
(②で描いた円が内側になるように)

中表にして両円を縫い合わせる

④ひっくり返して5㎝の円を縫う。
5㎝円の1㎝上を円状に縫い、ゴムを通す。

ゴムを入れる場所を縫う

⑤返し口を縫って完成。

ナイトキャップ完成図

自分の頭の大きさに合わせてゴムの長さを決めてください。
自分にぴったりのナイトキャップができ上がりますよ。

Q3.ナイトキャップは禿げるって本当?

A.禿げることとは直接関係がありません。むしろ、抜け毛の予防になります。

詳しくはコチラをチェック!

「長時間帽子を被っていると、蒸れて禿げそう…」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

髪や頭皮の保護が目的のナイトキャップは、通気性が良いことが特徴。
蒸れることなく、ほどよい湿度で頭皮環境を保てるように作られています。
むしろ、髪や頭皮のコンディションが整うんですね。

また摩擦による髪ダメージを軽減することができ、抜け毛予防にも最適。
頭皮環境が整うため、薄毛や抜け毛で悩む方にもおすすめですよ。

ナイトキャップは、被って寝るだけで髪をサラ艶にしてくれる優れもの。
寝癖がつかないので、忙しい朝に時間の余裕ができます。
頭皮環境も整えてくれるので、抜け毛やフケなどのトラブル予防にも役立ちますよ。

ナイトキャップを選ぶ時は、下記を意識してみましょう。

  • 素材は化学繊維を避けて、シルクかコットンがおすすめ
  • ズレ防止のためにサイズ調整できるタイプを選ぶ
  • 気に入ったデザインで長く愛用できるものを選ぶ

ナイトキャップを取り入れて、快適な美髪ライフを送りましょう。

参考文献

アンファー株式会社(監修)
『眠りながら薄毛を防げる?ナイトキャップの効果と選び方』,
ドクターと共に髪の悩みをサポート,2020.03.25

OMRON(オムロン ヘルスケア),
『vol.141 睡眠が健康に与える影響――睡眠は「時間」も大事だが「質のよさ」がもっと重要!』,
2015。.03.10

片倉工業株式会社,
『シルクと暮らす』

CLOCOMIDIY,
『寝ている間に髪の毛がサラサラに!!ナイトキャップの作り方』
DAILY ITEM DIY / 美容,2016.09.16

ABOUT ME
eriko
eriko
1986年生まれ。地元は浅草の江戸っ子。 10年間エステサロンに勤務し、店長としてトータルビューティーの施術やアドバイスを行う。 「ナチュラルな美しさの追求」「正しい美容情報の発信」をモットーに、日々の情報収集は欠かしません。 日常のケアでお悩みの方のお役に立てるよう、こだわりのコンテンツを作成しています!