BEAUTY

ローズヒップオイルの効果は?おすすめの使い方と注意点を解説

ローズヒップオイルの効果と使い方、注意点

海外セレブや女優たちの間で話題を集めているローズヒップオイル

「最近よく耳にはするけど、いまいち分からない…」
「気になってはいるけれど、効果はあるのかな」
と思う方も多いのではないでしょうか。

実はローズヒップオイルは全身に使用できる、効果抜群の贅沢オイルなんです。
この記事では、ローズヒップオイルの効果や注意点、使い方を紹介しています。

質の良いヘアオイルをお探しの方は必見です。

ローズヒップオイルの効果5つ

ローズヒップオイル=野バラの種子から抽出精製されたオイル

ローズヒップオイルとは、ラの種子から抽出精製されたオイルのこと
1キロの野バラの種子から、わずか3グラム程度しか抽出できない希少なオイルなんです。

高い保湿力美白効果が特徴のローズヒップオイル。
その効果の大きさと、全身に使用できる万能さから「オイルの王様」と呼ばれる程。
オイル配合のハンドクリームや化粧水など、幅広いアイテムが展開されていますよ。

ここからは、ローズヒップ化粧品の美容効果について詳しく解説していきます。

  • 保湿効果
  • 美白効果
  • シワの改善、エイジング効果
  • ニキビやアトピーなどの肌荒れを和らげる
  • ストレッチマークを目立たなくする

保湿効果

ローズヒップオイル成分のリノール酸、αリノレン酸が保湿成分のセラミドを形成する

ローズヒップオイルの最大の効果は、高い保湿作用にあります。

肌細胞内に水分を蓄えるセラミドの増加を助け、肌の水分蒸発を防いでくれます。

特にオイルの約80%を占めているリノール酸αリノレン酸が、セラミド形成をサポート。
「必須脂肪酸」とも呼ばれ、肌の保水機能を整える効果が高い成分です。

低刺激で使えるので、乾燥肌や敏感肌の方でも安全に使えますよ。

色素沈着の改善・美白効果

ローズヒップオイル成分のビタミンCがメラニンに働き、美白に導いてくれる

ローズヒップオイルには、美白効果も期待できます。

そもそも肌が黒くなる原因は、主に紫外線によって生まれるメラニン色素。
メラニン色素が黒色化・蓄積することで、シミやくすみとして現れるんですね。

ビタミンCの美白効果は、メラニン色素の黒色化を抑制すること。
「黒くなれ」とメラニン色素に命令する、「チロシナーゼ」という酵素を阻害してくれます。

また、1度黒くなったメラニンを淡色化する働きも。
今あるシミの色を薄くして目立たなくする効果も期待できます。

日焼けや色素沈着、色ムラに悩んでいる方にもローズヒップオイルがおすすめです。

シワの改善、エイジング効果

ローズヒップオイルの抗酸化成分が肌の酸化を抑制し、エイジング効果を発揮

ローズヒップオイルは、シワの改善やエイジングにも効果的です。

ヒトが老化する大きな原因は、肌の酸化。
紫外線やストレスといったダメージを受けると、ハリを保っていた肌細胞が壊れてたるみやシワになります。
「金属が空気に触れると錆びる」のをイメージするとわかりやすいでしょう。

ローズヒップオイルにはトコフェロールやカロテノイドといった、抗酸化成分がたっぷり含有。

肌の酸化の原因になる活性酸素を除去し、肌細胞を守ってくれます。

ニキビやアトピーなどの肌荒れを和らげる

ローズヒップオイル成分のオレイン酸には抗炎症作用があり、局所的な肌荒れを和らげる

ローズヒップオイルは、肌荒れを押さえる効果もアリ。

ローズヒップオイルに含まれるオレイン酸には、抗炎症作用があります。
局所的な炎症を抑え、ニキビやアトピーの悪化を予防してくれますよ。

先述したとおり保湿作用にも優れているので、乾燥によるかゆみを和らげる効果も期待できます。

ストレッチマークを目立たなくする

ローズヒップオイルの保湿作用がターンオーバーを促し、妊娠線などの跡を薄くする

ローズヒップオイルはストレッチマーク(妊娠線)を目立たなくする効果もあります。

ストレッチマークとは、妊娠が原因で出来てしまった「肉割れ」のこと。
お腹や太もも、腰にできやすく、気になっている方も多いはずです。

ローズヒップオイルを使えば保湿作用がターンオーバーを促し、傷跡を薄くしてくれます。

ストレッチマークだけでなく、傷跡や手術跡の解消にも一役買ってくれますよ。

全身に使える!ローズヒップオイルの使用方法

先述の通り、ローズヒップオイルは全身に使用できる万能オイル。
そこで、髪・顔・体へのオススメ使い方3つを紹介していきます。

  • 【ヘアケア】髪のダメージケアや頭皮環境の改善
    →シャンプー後・ドライヤーの前に少量つけて髪を保湿
  • 【スキンケア】ブースターに最適
    →洗顔後、化粧水の前につけて美容成分の浸透率をあげる
  • 【マッサージ】就寝前の保湿ケア
    →お風呂上がり、就寝前にキャリアオイルと混ぜてボディケア

【ヘアケア】髪のダメージケアや頭皮環境の改善

ローズヒップオイルはヘアオイルとして使用すると、ダメージ補修や頭皮改善に効果的

ローズヒップオイルは、ドライヤー前のヘアケアオイルに最適。

髪にうるおいを与え、ダメージ補修や頭皮環境の改善に効果的です。

ケアの目的に合わせて、塗る場所や量を調整してみてください。

  • 髪のパサつきが気になる方
    →毛先を中心に1滴ほど揉み込む
  • 頭皮のかさつきや痒みが気になる
    →頭皮に直接2滴ほど塗る

ただしローズヒップオイルはべたつきやすいので、塗りすぎには注意。
最小限の使用でも十分な効果を発揮しますよ。

【スキンケア】ブースターに最適

ローズヒップオイルはブースターオイルとして使用すると、化粧水が肌に浸透しやすくなる

ローズヒップオイルは、洗顔後のブースターオイルに使うのもオススメです。

ブースターオイルとは、化粧水の前につけるオイルのこと。
肌を柔らかくして、化粧水の美容成分を浸透をサポートしてくれます。

使い方は、1~2滴手のひらに出してなじませるだけなので簡単ですよ。

逆に顔にかすのようなものが残ってしまう場合は、オイルをつけすぎている合図です。
量を少し減らしてみてくださいね。

【マッサージ】就寝前の保湿ケア

ローズヒップオイルはマッサージオイルとして使用すると血液の循環が良くなり、美肌効果を促進

就寝前のマッサージオイルとして、ローズヒップオイルを使うのもアリです。

マッサージをしてあげると血液の循環が良くなり、体の中の老廃物を排出。
出ていった老廃物の代わりに綺麗な酸素が全体にめぐって、肌の潤いをサポートします。

また血行促進されると、栄養も浸透しやすくなるのもメリット。
保湿成分・美白成分が豊富なローズヒップオイルを使うことで、美肌効果を期待できるんですね。

ただローズヒップオイルのみだとベタついてしまい、滑りが悪くなりがち。
キャリアオイルと混ぜて使用するのがおすすめです。

補足:「キャリアオイル」って何?

キャリアオイルとは植物から抽出された油のこと。
「エッセンシャルオイル」と呼ばれる、滑りの悪いオイル希釈する役割があります。
(ローズヒップオイルは「エッセンシャルオイル」の中のひとつです)
キャリアオイルに希釈されることで、エッセンシャルオイルもしっかりと肌に馴染みます。

最も代表的なキャリアオイルはホホバオイル」
ホホバオイルはホホバの種子を原材料としている100%植物オイルです。

肌に優しいので赤ちゃんや敏感肌、妊娠中の方にも使用可能。
比較的安価で、市販でも購入することができますよ。

匂いが気になる人は工夫すると使いやすい

ローズヒップオイルには、少し青臭いような独特な匂いがあります。

特別強い匂いではありませんが、匂いに敏感な方は要注意。
「ローズ」という名前から、”薔薇のようなフローラルな香り”と勘違いする方も多いようです。

どうしても香りが気になる方は、使い方や選び方を工夫してみてください。

  • ローズウォーターと混ぜて使用する
  • 加工・精製されたローズヒップオイルを選ぶ

ちなみにローズヒップオイルの香りは時間が経てば消えるので、体に残ることはありませんよ。

合わない人もいる?ローズヒップオイルの副作用

ローズヒップオイルの副作用はほとんどなし。しかし植物アレルギーの方や脂性肌の方の塗りすぎには注意

ローズヒップオイルには、副作用はほとんどありません。

先述の通り、ローズヒップオイルは植物性で肌に優しい成分。
敏感肌やアトピーなど肌が弱い方、妊娠中の方でも使用できます。

 

ただし、バラ科の植物アレルギーがある場合は注意が必要です。
必ず使用前にパッチテストをして、肌の状態を確認してください。

もちろん使用中にかゆみやただれ、腫れなどの異常が出たら、すぐに皮膚科を受診しましょう。

また脂性肌の方は、ローズヒップオイルの塗りすぎを控えましょう。
オイルが毛穴詰まりを引き起こして、ニキビの原因になりかねません。

使用量をきちんと守ることも、美肌に近づくポイントですよ。

ローズヒップオイルの酸化・使用期限にも注意

ローズヒップオイルを使うときは、保存場所や使用期限に注意するのも重要。

ローズヒップオイルは酸化しやすいので、正しい保管方法・使用期限を守らないと品質がすぐに落ちてしまいます。
酸化したオイルを使用し続けると、ただれやかゆみなど肌荒れを引き起こすことも…。

安全に使うためにも、下記のポイントを心がけましょう。

  • 高温&日光が避けられる場所で保管する(冷蔵庫など)
  • 使ったらすぐにフタをする
  • なるべく早く使い切る(開封後、2週間~1ヶ月が目安)

ローズヒップオイルは、「オイルの王様」とも呼ばれる万能オイル。

特に保湿効果が高く、ターンオーバー促進による美白・エイジング効果抗炎症作用を期待できます。
低刺激で使えるので、敏感肌やアトピーの方や妊婦の方でも安全です。

美髪・美肌を導く全身のケアオイルとして活用してみましょう。

【ヘアケア】
→ドライヤー前のヘアケアオイル

  • 髪のパサつき改善:毛先に1滴ほど揉み込む
  • 頭皮のカサつき改善:頭皮に直接2滴ほど塗る

【スキンケア(フェイスケア)】
→化粧水前に塗るブースターオイルとして1~2滴塗り込む

【マッサージ(ボディケア)】
→就寝前のマッサージオイルとして使用して血行促進

ただしローズヒップオイルは酸化しやすいので、冷暗所で保管してなるべく早く使い切るのも心がけてくださいね。

PR

Lebena organic開発
シルキーモイストオイル

当サイト(Mavie)を運営するLebena organicでは、
品質と環境にこだわったヘアオイルをご用意しています。

lebenaorganicシルキーモイストオイル

100%天然由来成分のうち、10%以上をオーガニック成分で構成。
補修・保湿効果で、髪のパサつき・うねり・広がりをケアします。

また、手~ボディの保湿まで1本で全身に使えるのもポイント。
髪やボディの乾燥にお悩みの方は、ぜひ1度お手に取ってみてください。

公式サイトで商品詳細を見る Amazonで商品詳細を見る 楽天市場で商品詳細を見る

【実際に使った写真付き】詳しく知りたい方はレビューもチェック!

ABOUT ME
eriko
eriko
1986年生まれ。地元は浅草の江戸っ子。 10年間エステサロンに勤務し、店長としてトータルビューティーの施術やアドバイスを行う。 「ナチュラルな美しさの追求」「正しい美容情報の発信」をモットーに、日々の情報収集は欠かしません。 日常のケアでお悩みの方のお役に立てるよう、こだわりのコンテンツを作成しています!